Share

企業紹介

企業紹介

Turing Driveは自動運転システム開発から始めて、これ迄自動運転のテスト、実運用を通じて、知覚、位置決め、ナビゲーション、車両制御、クラウドサービスなどの主要なテクノロジーを開発してきました。

01

私たちの期待

我々はドライバー、車両、道路の時間とスペースの間にたったインターフェースとして、AI技術を通して、輸送システムの安全性と効率の更なる向上を目指します。

02

実績

0
優秀な40人スタッフ(2021年時点)

0
4 種類の車両の開発と実践

0
10 ケ所でのフィールド運用

0
台湾国内 2 ケ所での自動運転許可を取得

0
マイル達成

0
人の搭乗乗客数

03

マイルストーン

2021.2 - 2021.10

青浦市コミュニティ自動運転バス

政府資金支援による青埔市政府からの自動運転EVバスプロジェクト。 自動運転バスはスクーターも含めた住居地、公道等の異なった交通環境下で自動運転で運行。道路脇に7つの機器を設置し、これまで3,000kmの走行、1,000人の乗客搭乗。

2020.5 - 2021.2

台北市新義路のバスレーンでの自動運転

台北市内中心部での最初の自動運転バス運行。2台の自動運転バスが8.3kmのバス専用レーンを沿線のバス停に停車しながら夜間のオフピーク時に自動運転。主要道路の交差点では道路脇に機器ユニットを据え付けて包括的な安全性アセスメントを実施。5Gプライベートネットワークと交通管制センターのよりリアルタイムで交通信号情報を自動運転システムに統合。総走行距離は2,000kmに達し、3,000人以上の乗客が体験。

2020.2

科学技術インテリジェントドライビング研究所

開発した2台の自動運転ミニバスは45種類のテスト項目全てに合格し、TÜVRheinlandの認証取得。

2019.9 - 2020.8

桃園地下鉄車両工場敷地内

通信省から資金提供受け、自動運転バスを開発し、敷地内で5000kmの運行実績を達成。敷地内の信号機と車両との間で同期(シンクロ)運用を実施。

2019.7 - 2021.4

ゴルフカート

ゴルフコース向け世界初のレベル4自動運転ゴルフカートを開発。18ホールのすべてのコースを自動運転化。カートは4台の自動運転ゴルフカートとミッション計画システムを立ち上げ、GNSS、IMU、カメラなどのセンサの融合により、起伏の多い地形や不十分な測位信号の課題を克服。

2018.7 - 2020.8

台中麗宝アミューズメントパーク

台湾の経済省の科学技術研究開発プロジェクト「スマート都市・農村生活応用補助金プログラム」の支援の下、自動運転バス4台とミニバス2台を開発製造。パーク内3つのルートで自動運転を実現。駐車場、ホテル、レストラン、アミューズメントパーク、レーシングトラックに接続運転。

2017.2 - 2018.4

桃園農業博覧会

台湾で最初の自動運転EVミニバス。創業メンバーは車両ごと制御システムを変更(retrofit)の上、ニューラルネットワーク(Neural Network)技術を駆使し車線変更を実現。

04

幹部チーム

陳維隆

董事長

沈大維

執行長

李昇達

技術長

陳冠文

產品開發總監

04

幹部チーム

陳維隆

董事長

沈大維

執行長

李昇達

技術長

陳冠文

產品開發總監